口臭対策に使える一品|お口爽やか便利グッズ

えがお

口のニオイの原因

すまいる

口のニオイの原因

口臭の原因は様々ですが、特に臭いの原因となる物質は、舌の上で生成されています。その物質は、揮発性硫黄化合物と呼ばれています。揮発性硫黄化合物は、舌の上の汚れを細菌が分解することで発生し、口臭の要因となります。そのため、口臭予防には、舌の上の汚れを取り除くための舌ブラシを活用すると良いでしょう。もちろん、歯ブラシで歯の表面にある汚れを落とすことも重要です。また、デンタルフロスなどを使用して、歯と歯の隙間に詰まる汚れを取り除くことも、口内環境を整えるために必要です。口臭予防だけでなく、口内の環境を整えることも大切なことなのです。口臭には唾液が大きく関係している場合もあります。寝起きなど、口が乾いているときは、強い口臭がするものです。それは唾液の分泌量が減り、口内が乾いているからなのです。唾液は強い殺菌成分があるため、分泌量が減ることで、口臭の直接的な原因となります。

唾液の分泌量

なぜ唾液の分泌量が減ることがあるのでしょうか。それにはいくつかの原因があります。加齢により唾液を作る機能が低下している場合もありますし、生活習慣が乱れ、ストレスを溜めているような人も、唾液の分泌量が減ると言われています。また病気や服用薬が原因の場合もあるようです。一般的に、寝起きの状態で口が乾き、口臭がするケースが多いのは、主に生活上の理由と言われています。水分補給が少ない人、お酒やたばこを嗜む人、コーヒーを好む人、ストレス・緊張がある人などは、ドライマウスになると言われています。またドライマウスには根本的な治療方法がないため、保湿剤やうがい薬を利用するなど、症状を和らげる治療と、その予防を継続する必要があります。寝る前にしっかりと水分を摂取し、必要に応じてマスクをして保湿を心がけることも大切です。

Copyright© 2015 口臭対策に使える一品|お口爽やか便利グッズAll Rights Reserved.